スクエアタイプがおすすめ

自分に合ったメガネを見つけるためには、輪郭を考慮して選ぶことが大事です。日本人に多い丸顔におすすめのメガネというと、スクエアタイプが挙げられます。このスクエアタイプとは、フレームが横長の長方形のメガネのことを指します。そもそも丸顔の方は顔の横の比率が高いですが、スクエアタイプのメガネをかければ顔の縦の比率を高めることが可能です。その結果、顔の丸みをほどよく抑えることができ、バランスよく見えます。また、スクエアタイプは直線的なデザインなので、丸顔の人がかければ丸みが中和されてキリッと引き締まって見えます。スクエアタイプのメガネは、普段使いはもちろんビジネスシーン、フォーマルシーンなど場所を問わずに活用できますよ。トレンドにも全く影響されないので、一度購入すれば長く使えておすすめです。

絶対に避けた方がいいメガネ

丸顔の方はスクエアタイプのメガネと相性がいいです。しかし、ボストンタイプのメガネは絶対に似合わないのでやめた方がいいですよ。そもそもボストンタイプとは、丸みのあるやや逆三角形のデザインのメガネのことです。レンズの形がほぼ円形なので、丸顔の方がかけるとよりいっそう丸く見えてしまう恐れがあります。顔がより大きく見えて締まりのない印象になってしまいかねません。さらに、ボストンタイプの場合、リムの下のラインが低い位置にあるため、顔の縦の長さが短くなってしまいます。つまり、顔の横幅がますます目立ってしまい、顔全体が膨張した感じになる恐れがあります。丸顔が抱えるコンプレックスがより際立ってしまうので、絶対にボストンタイプは避けた方がいいでしょう。

眼鏡は、お洒落に欠かせないグッズの一つとして世間的に認知されており、レンズの厚みやサイズ、フレームのデザインなどにこだわる人が多くいます。