顔の形に合ったメガネを選びましょう

一般的に、顔の形に合うメガネは、顔の形と異なるフォームだと言われています。例えば、丸顔には四角ばったスクエアタイプが似合うし、エラが張った四角い顔には丸いラウンドタイプが適しているといった具合です。逆三角の顔の人には、ボストン型のフレームがぴったりとフィットします。もし、丸顔の人がラウンドタイプのメガネを着用し、四角い顔の人がスクエアタイプのメガネを掛けたら、顔の形が強調されてしまうでしょう。逆三角の顔の人が四角ばったフレームを用いても同様の結果になります。

顔の形と異なるフォームのメガネは、顔の形の印象を弱め、バランスの取れた顔立ちを形成する作用があるのです。フレームの大きさや幅も重要です。顔の大きな人が小さなフレームのメガネを着用すると目が小さく見えるし、小顔の人が大きなフレームのメガネを掛けると目が強調され過ぎておすすめできませんよね。

面長な顔に似合うメガネとは?

やや面長の顔に似合うメガネは、ウェリントンと呼ばれるタイプです。ウェリントンとは、下部に比べて天地幅が広く、少し丸みを帯びたスクエア形のフレームを指します。 ウェリントンは逆台形型とも言われ、メガネを使用する人たちに広く愛用されていると言えるでしょう。逆台形型のフレームは、面長の顔にメリハリを与え、縦長の印象を薄める効果をもたらすのです。また、天地幅が広いと、顎が細く引き締まった顔立ちになるという効果もあります。

ウェリントンは、しっかりした印象を与えるスクエア型と個性的なインパクトをもたらすラウンド型の両方の良さを併せ持ったフレームと言えるのです。個人の好みにもよりますが、面長の顔の方がフレーム選びに迷ったら、ウェリントンを検討しましょう。